anemog and the City

共働きOLの、「あれも、これも。どこででも」。

iPadを電車で使ってみた。



…と、打合せの合間の移動中、メールチェックが必要で、止むに止まれずだったのだが。

確かに視線は感じる。まぁ、自分自身、3週間前にiPadを使っている人を地下鉄で発見したとき、わざわざ近くで凝視していたけれど ^^;




実際にやったのはメールチェックと、駅から打合せ場所への道検索(map)だけど、意外なところでiPhoneよりも使いやすいことに気が付いた。
地下鉄で移動していたのだけど、地下鉄の場合、ホームにさしかかった瞬間からようやく3Gが繋がり始めるので、iPhone(3G)の場合はその約2分間に、ギリギリ、必要範囲のマップが表示できるくらい。メールは受信は可能だけど、添付ファイルがあったりすると、そのダウンロードは間に合わない。
それが、iPadだと、やけにサクサク進められる。マップも全て表示でき、ついでにnewsアプリで記事をDLしまくって、また3Gが途切れたらそれをひたすら読む、ということも可能だった。

なぜかなあ。操作しやすいから、自分の探したい情報(マップだったら到達地点とか)にたどり着くまでが早い、とかもあるのかも。ネットの接続スピード自体は同じだったと思うけど、違ったっけ?



なんにせよ、iPhoneはほぼ不要になっちゃった。iPhone離れ。ホントに解約しようかな。









それにしても…こんな記事がヤフートピックスに上がると、使いづらい。

iPad 利用者は「自己本位なエリート」…米での調査
【ニューヨーク山科武司】米アップルの新型携帯端末iPad(アイパッド)を利用する米国人は、自己本位なエリートが多く、批判するのは一匹狼(おおかみ)の変わり者−−。米国のインターネット・リサーチ会社がこのような調査結果を発表した。

ま、はじめのうちだけだろう。 気にせず使おっと。