anemog and the City

共働きOLの、「あれも、これも。どこででも」。

「何をやるかではなく、何をやらないか」から、考える








ツイッター/ブログでの情報取得をやり続けていると、情報も、何を得るかではなく、何を得ないか、というフェーズに入ってきた、ように、思う。






「情報整理の時代から、情報放牧の時代へ」というフレーズを、半年ほど前にあるヒトから聞いて共感した記憶があるけれど、今はもう、その時代も超えてしまっているのかもしれない。






写真は、しとしと雨の日に杭州で食べた、乞食鶏。